先輩がオナ禁と出会った時

先輩がオナ禁と出会った時

ほんの少し人生をよくしよう

お金を稼ぐ目的で始めた副業が実は先輩の金銭感覚を少しずつ変えていた

どうも、先輩です。

 

大絶賛副業に奮闘中ですが、けっこう苦戦してます。

 

今日もパソコンの前でうんうん唸りながら漏らしそうです。

 

あまりにも先輩がポンコツ過ぎてE君をイライラさせることもしばしば(E君ごめんなさい)

 


f:id:senona:20181124093700j:image

 

10月から始めた副業ですが、1日25円とか小学生の小遣い以下の金額をチマチマ稼いでます。

 

それでも今のところ5000円以上稼いだので無いよりはマシです。

 

5円とか10円の仕事がほとんどで、たまに100円の仕事なんかも。

だいたいがアンケートとか、映画のレビュー書いたりしてます。

たいてい人に話すと鼻で笑われます。

 

先輩でも鼻で笑い飛ばすぐらいですからそんなもんなんでしょう。

 

稼いだ金額にフォーカスしがちなんですが、先輩の日常生活の中でそのチマチマした小銭稼ぎがある変化をもたらしてます。

 

 

・今までだと気にもとめなかった10円、20円を意識しだした。

 

世の中にピンポイントで5円、10円を稼ぐ人は少ないと思います。

 

だいたいがアルバイトなんかして1時間で800円ぐらい稼ぐんじゃないんですかね。

 

以前の先輩なら、例えば毎日職場で仕事が一息着いたときに缶コーヒーとか自販機で買っていました。

 

缶コーヒーが1本130円。

 

先輩 「それぐらいたいしたことないやろ」

 

でも副業を始めてからは、

 

先輩 「昨日は50円稼いだで」

 

~~自販機の前~~

 

先輩 「なんか使うの勿体ない」

 

先輩 「っていうかそんなに缶コーヒー好きじゃない」

 

先輩 「果たしてこの自販機のなかに先輩が飲みたいものはあるのか?」

 

先輩 「先輩の好きな飲み物はメロンソーダ、ココア、コーラ、メロンアイスクリームシェイク」

 

先輩 「コーラとかメロンソーダは映画を見に行ったときにポップコーンといっしょに飲みたい」

 

先輩 「ココアはシャレオツな喫茶店で飲みたい」

 

先輩 「家から持ってきた水か豆乳でええわ」

 

まぁ本当に飲みたいときは買うんですけどね。

 

なんとなく買うことが無くなってきました。

 

意外と舐めていた小銭君たちの力をこの歳になって改めて実感してますね。

 

1ヶ月半で5000円……

 

大阪フィルのA席のチケットが買えますし、

 

彼女さんをちょっと良い食事に連れて行けたり

 

オリックス戦なら3試合観れますね。

 

先輩 「せっかくなら何か心に残るような使い方がしたい」

 

いろいろ勉強させてもらってます。