先輩がオナ禁と出会った時

先輩がオナ禁と出会った時

ほんの少し人生をよくしよう

先輩ヘルニアの疑い

 

先日……

 

調子に乗って彼女をお姫様抱っこして腰を痛めた先輩です。

 

毎度付き合う相手が年下なのはなぜなのか、先輩でも分かりません。

たぶん精神年齢がマッチするからだと考えてます。

 

彼女と付き合うようになってからガラッと変わったことがあります。

 

それは……

 

頑張らなくても良いよって自分に言えるようになった。

 

今まで自分を変えるためにストイックにオナ禁自己啓発に取り組んできて、ようやく気取らずに本音を語り合える相手が見つかったのでホッとしたのでしょうね。

 

思い返すと過剰に自分を追い込んでいたのかもしれません。

 

毎日仕事でクタクタでもジムでトレーニングをして、サプリメントを事細かく飲んで、自己啓発の音声教材を繰り返し聴いて、今後のビジョンや目標を頭抱えて絞り出して……

 

彼女と出会えたことで一区切りついたようです。

 

彼女はのんびりとしていて、冷静で落ちついています。

 

そんな彼女と一緒にいると目の前のことを楽しむ余裕が生まれました。

 

ご飯を食べに行けば目の前の料理、楽しい会話

 

彼女を家まで送るときは車の窓を全開にして心地よい夜風を浴びて

 

一緒に晩御飯を作って、ポップコーン食べながらDVD見て

 

一緒にいると仕事のストレスも吹き飛ぶので「あれ、俺仕事してたっけ?」ってぐらいに心が穏やかになります。

 

一区切りついたと言っても、もちろんこれからのお付き合いがありますのでオナ禁もその他のアクションも続けていきますよ。

 

続けていきますが、頑張ると言う意識はだいぶ薄れました。

 

頑張るからごく自然に

 

もしかしたらやるべきことはそんなに多くないのかも知れません

 

オナ禁によってごくごくありふれた日常を彩りのある映画のワンシーンみたいに生きれたら素晴らしいと考えてます。

 

先輩ののろけ話で失礼しました。